黒檀は、南アジアからアフリカなどに生息している常緑広葉樹です。エボニーの名でも親しまれる世界の銘木です。日本では古くから仏壇、仏具、建材、家具の材料として利用されています。成長速度が非常に遅く幹の直径が1メートルの木であったとしても、樹齢数百年もします。古くから世界中の人々に愛される銘木であることと、高級な木材としても有名で、黒檀の原木から丸々切り出された一枚の板から作り出されるテーブルは非常に希少価値が高いです。今後ますます入手困難となる黒檀をご希望されている方は、在庫があるうちに是非実物を直接ご覧くださいませ。弊社で取り扱う黒檀の一枚板テーブルは、厚さが10センチを超える商品や幅が1メートルを超える商品まで、黒檀の中でも最上級に商品価値が高い商品を揃えています。

コクタンの特徴

黒檀の心材は褐色がかった黒に近い茶色で、辺材は淡い茶色をしており、その境界線はとても明確に分かれています。また、数ある樹種の中でも特に気乾比重の値が高く、とても強度が高く重たい樹種です。非常に成長速度が遅い樹種であることから、一枚板テーブルとして販売される黒檀は、幅が1メートル以下であることが多いため、バーカウンターや仕事用のデスク、センターテーブルなどの利用用途が高いです。

学名

Diospyros ebenum

産地

アフリカ、南アジア

気乾比重

1.0以上
気乾比重とは

心材の色

茶色、黒色、褐色
心材とは

辺材の色

薄茶色 辺材とは

コクタンの一枚板テーブル

黒檀の一枚板テーブルの全ての在庫を以下のページよりご確認いただけます。

黒檀の一枚板テーブル

木の種類

弊社では、モンキーポッド、ブビンガ、黒檀(コクタン)の3種類を厳選して販売しています。それぞれの木の特徴について以下のページにまとめています。

モンキーポッド

モンキーポッド

価格が安くインテリアにあわせやすい

モンキーポッドは、「この木なんの木、気になる木」のテレビCMでおなじみの木です。明るく個性的な杢目が特徴的なマメ科の広葉樹です。部屋全体を明るい印象に際立たせてくれます。

モンキーポッドの特徴

ブビンガ

ブビンガ

明るく美しい杢目が魅力的

ブビンガは、アフリカの熱帯雨林に生息する広葉樹です。耐久性にとても優れた木材で、虫の被害になりにくい木材でもあります。光沢があり、自然が作り出す美しい杢目が最大の魅力です。

ブビンガの特徴

コクタン

コクタン

とっても貴重な世界の銘木

黒檀は、南アジア、アフリカの一部に生息する常緑広葉樹です。国内では入手することがとても困難な非常に貴重な木材です。古来より「銘木」として世界中の人々に親しまれています。

コクタンの特徴

おすすめ一枚板テーブル

弊社で取り扱っている一枚板テーブルの一覧を以下のページよりご確認いただけます。

全ての一枚板テーブルの在庫を確認する