モンキーポッドは、「この木なんの木気になる木」のテレビCMでもなじみが深いマメ科の広葉樹です。心材部分の杢目が猿の毛並みに似ていることや、猿が木の実を好んで食べるというような理由からモンキーポッドという名前が付けられています。モンキーポッドは、一枚板として加工される樹種の中では、ぱっと見の印象がとても明るいため、部屋の中心にモンキーポッドの一枚板テーブルを配置すると部屋全体が明るいイメージとなってきます。様々なデザインの家具にもあわせやすいことと、他の樹種と比較すると価格が安いことから、近年とても人気が高い樹種です。

モンキーポッドの特徴

モンキーポッドの特徴は、明るい印象の木肌と個性が強い杢目です。猿の毛並みのように表情豊かな杢目は、部屋の中心に配置するテーブルとしての存在感がとても強く、部屋全体を明るい印象に際立たせてくれます。

学名

Samanea Saman

産地

フロリダ、ハワイ、中南米、東南アジア

気乾比重

0.56前後 気乾比重とは

心材の色

不規則な縞模様が現れる茶褐色 心材とは

辺材の色

灰白色 辺材とは

モンキーポッドの一枚板テーブル

モンキーポッドの一枚板テーブルの全ての在庫を以下のページよりご確認いただけます。

モンキーポッドの一枚板テーブル